Top >

ネコ科(小型)

» 日付は動画の紹介日。

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

いわゆる「小型ネコ科動物」のことで、イエネコやクロアシネコなどになります。

大型ネコ科動物」以外のすべてを、小型ネコ科動物として、このページで紹介しています。

学説によっては、ユキヒョウやウンピョウなども大型とされ、ジャングルキャットやオセロット、オオヤマネコなどは中型だとされますが、当サイトではいずれも「小型ネコ科動物」としています。

現在、世界最小のネコと称されているのが「サビイロネコ」と、こちらの「クロアシネコ」。

まるで、イエネコのようなかわいさですが、クロアシネコは野生のネコ。つまり、ヤマネコです。

体長はオスの成獣でも36~43センチ。体重は平均で1.9キロ。最大でも2.4キロほどしかありません。

もっとも身近なネコである日本猫は雑種のため、個体差はあるものの、オスの成獣の平均体重が4.5~5.5キロぐらいなので・・・。

クロアシネコの大きさは、日本猫の半分以下~3分の1ほどという小ささです。

クロアシネコの分布域は南アフリカやナミビア、ボツワナなどで、カラハリ砂漠を中心とした半砂漠やサバンナなどになります。

クロアシネコの分布域
クロアシネコの分布域
ネコの画像:いらすとや
元地図:世界地図・世界の国旗
分布域図作成:当サイト

また、クロアシネコは夜行性のため、一晩に8キロほどを移動しながら、主にネズミや小鳥、爬虫類などの小動物を捕食します。

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

かわいい動物net Twitter

かわいい動物
サイト内関連動画

2019年2月17日レビュー
生後4週間のアカギツネの赤ちゃん
生後4週間のアカギツネの赤ちゃん

1:42

2019年2月17日レビュー
コツメカワウソの赤ちゃんたち
コツメカワウソの赤ちゃんたち

1:30


ページ
TOP