Top >

ミーアキャット

キュートな姿が人気のミーアキャット。まずは、アバウトな分布域図を見てください。

ミーアキャットの分布域図の画像
ミーアキャットの分布域図
ミーアキャットの画像:いらすとや
分布域図作成:当サイト

この画像は小さい(230×131)ですが、大きな画像(800×450)は、下記のTwitterにアップしています。

ミーアキャットの分布域図(800×450)

ミーアキャットの分布域はアンゴラ南西部からナミビア、ボツワナ、南アフリカ共和国などで、アフリカの砂漠や低木帯に住んでいます。

特に 、カラハリ砂漠のミーアキャットは「The Meerkats( 2008 )」などの映像化もあり、有名ですね。もちろん、管理人も見ていますし、ますますミーアキャットのファンになってしまいました。

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

ミーアキャットの画像
ミーアキャット
Title:Meerkats | Flickr
Uploaded by Jason and Alison

体長25 - 31センチ

体重
オス:平均731グラム
メス:平均720グラム

肉食に近い雑食です。
サソリ、トカゲ、ヘビ、ムカデ、クモ、小動物、昆虫や幼虫、卵、植物などを食べます。

特にサソリは大好物で、かみつきとネコパンチのような攻撃でサソリを捕食します。

「サソリの針には毒があるのに」と心配になりますが、ミーアキャットはサソリの毒への免疫をもっています。

ミーアキャットを狙う捕食者たちは数多くいます。

ゴマバラワシやクロワシミミズクなどの猛きん類、ケープコブラやパフアダーなどのヘビ類、セグロジャッカル、ジェネット、キイロマングースなど、書ききれないほどの天敵がいます。

高い木の上や、立ち姿で外敵を監視する姿が印象的なミーアキャットですが、これほどまでの天敵に囲まれて暮らしているのだから、一瞬たりとも気の抜けない警戒ですね。

前述のミーアキャットの天敵ジェネットについて補足すると、ジェネットはジャコウネコ科ジャコウネコ亜科ジェネット属に分類されます。

ジェネットの画像
ボツワナ共和国のジェネット
File:Genet botswana.jpg
Author:The Lilac Breasted Roller

ジェネットは主にミーアキャットの幼獣を、狩りの対象として狙っています。

上記の画像、ジェネットはジャコウネコ科に分類されますが、かつてはミーアキャットもジャコウネコ科に分類されていた時期がありました。

しかしながら、現在では下図のアバウトな系統樹のように、マングース科スリカータ属に分類されています。

系統樹を見ると、ジャコウネコとの類縁関係は遠く、むしろハイエナに近いというのが驚きです。

「あのキュートなミーアキャットが、恐ろしいハイエナに近い系統?」という感じですね。

ミーアキャットの系統樹の画像
ミーアキャットの系統樹
ミーアキャットの画像:いらすとや
系統樹:当サイト

この画像(230×131)の大きいサイズ(800×450)は、下記のTwitterにアップしています。

ミーアキャットの系統樹(800×450)

ミーアキャットは学説によって、3 - 5亜種に分類されていますが、その背景には絶滅1亜種と、新たに認められるかもしれない1亜種に左右されるのかなと思ったりしたので…。

下に、ミーアキャットを5亜種に分類した場合を書いてみます。

下記はすべて同一種なので、「属名+種小名」を表す黒字の部分(Suricata suricatta)は同じです。

「亜種小名」だけが異なるので、赤字に変更しています。


1 Suricata suricatta suricatta
»南アフリカの一部~ナミビア東部

2 Suricata suricatta majoriae
»ナミビア西部

3 Suricata suricatta iona
»アンゴラ南西部(主にイオナ国立公園周辺)

4 Suricata suricatta major
»絶滅亜種

5 Suricata suricatta ???
»現状では未確認の亜種なので、亜種小名は???となり、1と同じだとされていますが、5番目の亜種としての研究を進めている学者たちもいます。

つまり、ミーアキャットは現生3亜種で、将来的には現生4亜種になる可能性もあるということになるようです。

参考書籍・参考サイト

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

かわいい動物net Twitter

コラム
ミーアキャットは天使

アフリカのジンバブエやザンビアでは、ミーアキャットは太陽の天使だと信じられています。

太陽の天使であるミーアキャットたちは、悪魔やオオカミなどから村を守り、部族を守ると伝えられています。

その由来は、朝の日差しで日光浴をする姿が神々しく見えたことから、「Sun Angel」と呼ばれたのだろうということですが…。

ナミビアのミーアキャットの画像(出典:ウィキメディア・コモンズ - Wikimedia Commons)
ナミビアのミーアキャット
File:Suricate, Namibia (2813287155).jpg
Author:Joachim Huber

確かに、天使ですね。朝でなくても、昼でも夜でも、いつでも天使のようなかわいさです。

サイト内
ミーアキャットの動画

2019年2月17日
ポテッと倒れるミーアキャットの赤ちゃん3匹
ポテッと倒れるミーアキャットの赤ちゃん3匹

1:21

2019年2月17日
8月生まれのミーアキャットの赤ちゃん2匹
8月生まれのミーアキャットの赤ちゃん2匹

1:44

2019年2月17日
11月生まれのミーアキャットの赤ちゃん6匹
11月生まれのミーアキャットの赤ちゃん6匹

1:44

ページ公開日:2019年3月11日


ページ
TOP