Top >

ベンガルヤマネコ属

哺乳類 > ネコ科 > ベンガルヤマネコ属
属名の Prionailurus から、プリオナイルルス属とも呼ばれます。

ベンガルヤマネコ属に分類されるのは、下記の5種になります。

1ベンガルヤマネコ
2ジャワヤマネコ
3マレーヤマネコ
4スナドリネコ
5サビイロネコ


聞きなれない種もいるかと思うので、まずはサクッと下の動画「ベンガルヤマネコ属5種」を見てもらうのもいいかと思います。

当サイトのTwitter(かわいい野生動物)にアップした短い動画です。

画像をクリック(タップ)で、フルサイズの動画が見れます。

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">


以下では、ベンガルヤマネコ属の各種について書いています。

学名Prionailurus bengalensis
英名Leopard cat

ベンガルヤマネコの画像
ベンガルヤマネコ
Uploaded by 無料写真素材TYS

体長:38 - 66センチ
体重:3 - 5キロ

分布域
ロシア極東部や朝鮮半島、中国、インド、パキスタン、アフガニスタン、インドシナ半島やインドネシア、フィリピン、日本など。


ベンガルヤマネコは分布域が広く、多くの亜種に分類されるため、体長や体重には亜種間での差があります。

たとえば、中国北部やシベリアでの最大個体は体長75センチ、体重7.1キロほどにもなります。

学名Prionailurus javanensis
英名Sunda leopard cat

ジャワヤマネコの画像
ジャワヤマネコ
File:Blacan Indonesia.jpg
Author:IltizamSpeed

体長:42センチ以下
体重:2.5キロ以下

分布域
ジャワ島、バリ島、ボルネオ島、スマトラ島、フィリピン(パラワン島、ネグロス島、セブ島、パナイ島)などの東南アジアの島々。

かつては、Prionailurus bengalensis javanensis として、ベンガルヤマネコの亜種だと考えられていましたが、現在では Prionailurus javanensis として、独立種に分類されています。


ジャワヤマネコは、下記の2つの亜種に分類されます。

Prionailurus javanensis javanensis
分布域:ジャワ島、バリ島など。

Prionailurus javanensis sumatranus
分布域:ボルネオ島、スマトラ島、フィリピン(パラワン島、ネグロス島、セブ島、パナイ島)など。

学名Prionailurus planiceps
英名Flat-headed cat

マレーヤマネコの画像
マレーヤマネコ
File:Flat-headed cat 1 Jim Sanderson.JPG
Author:Jim Sanderson

体長:45 - 52センチ
体重:1.5 - 2.5キロ

分布域
ボルネオ島、スマトラ島、マレーシア半島の島々。


マレーヤマネコは湿地帯や湖沼、河川の森林などに生息し、水辺を好みます。指間には水かきがあり、分布域では川を泳いで渡ったりもします。

鋭い歯は後ろ向きに生えていますが、魚やカエルなどの滑りやすい獲物を捕らえて逃がさないようになっています。

学名Prionailurus viverrinus
英名Fishing cat

スナドリネコの画像
スナドリネコ
File:Fishing Cat Pessac zoo.jpg
Author:duloup

体長:57 - 115センチ
体重:5 - 14キロ

分布域
東南アジア~インド、スマトラ島、ジャワ島、バリ島。


Fishing cat という英名どおり、漁をします(魚やカニ、ザリガニ、カエルなどを水中で捕食します)。

また、スナドリネコはベンガルヤマネコ属の最大種であり、陸上ではヘビやネズミ、豚なども捕食します。

学名Prionailurus rubiginosus
英名Rusty-spotted cat

サビイロネコの画像
サビイロネコ
File:Rostkatze Zoo Berlin.JPG
Author:Lenie Beutler

体長:35 - 48センチ
体重:0.9 - 1.6キロ

分布域
インド南部、スリランカ。


サビイロネコはベンガルヤマネコ属の最小種であり、すべてのネコ科動物のなかでも、クロアシネコと並ぶ最小種です。

学説によって、2~3亜種に分類されますが、2亜種の場合は下記のようになります。

Prionailurus rubiginosus rubiginosus
分布域:インド南部。

Prionailurus rubiginosus phillipsi
分布域:スリランカ。

アバウトな分布域図にすると、下記のようになります。
イラストはサビイロネコではなく、イリオモテヤマネコですが、同じベンガルヤマネコ属なので代打です。

サビイロネコの亜種と分布域図の画像
サビイロネコの亜種と分布域図
サビイロネコの画像:いらすとや
亜種と分布域図作成:当サイト

この画像サイズは小さい(230×131)ですが、大きな画像(800×450)を、下記のTwitterにアップしています。

サビイロネコの亜種と分布域図(800×450)

参考書籍・参考サイト

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

かわいい動物net Twitter

ベンガルヤマネコ属と
ベンガルヤマネコ系統?

似たような名称ですね。ここまで書いてきたように・・・。

ベンガルヤマネコ属は1属5種(ベンガルヤマネコ、ジャワヤマネコ、マレーヤマネコ、スナドリネコ、サビイロネコ)です。

でも、ベンガルヤマネコ系統は2属6種となり、下図のマヌルネコ属が加わります。

(マヌルネコの画像
マヌルネコ
File:Manul kitten.jpg
Author:Parken Zoo

「どういうこと?」っていう感じですが、約620万年前の「ベンガルヤマネコ系統」と「イエネコ系統」の分岐の話です。

そのような2つのグループに分けた場合、マヌルネコ属はベンガルヤマネコ系統に分類されます。

ちなみに、マヌルネコ属は上図のマヌルネコ1種だけで構成されています。

サイト内
ベンガルヤマネコ属の動画

2019年3月02日
落ち葉よりも小さいサビイロネコの赤ちゃん
落ち葉よりも小さいサビイロネコの赤ちゃん

1:57

ページ公開日:2019年3月24日


ページ
TOP